足腰なんて実はどうでもいいことに早く気づけ


足腰 ずっと使える、もっと役立つ。


人を大切にするやり方はひとつじゃない

 

随分ご無沙汰をしてしまいました、またつぶやきたくなったので記事の更新をしたいと思います。

 

基本、ほとんどテレビは観ないのですが、映画は好きでよく観ます。

 

そしてドラマは、気になるものならどの国のものでも観るのですが、最近、10年以上前にジムで時々観ていた(有酸素運動をするときに)韓国ドラマが放送されていたので全部観てしまおうと思い、本日見終わりまして理解できたことをシェアしていこうと思います。

 

まず、ドラマのタイトルは「1パーセントの奇跡」です。

 

興味のある方はどんなドラマかググってください、詳しい内容は割愛します。

 

最終回で、ドラマの鍵を握ってきた人物が、次のような発言をしました。

 

「自分が特別になる方法は、目の前の相手を大切に思い特別に接すること」

 

個人的に真髄をついていると思いましたが、これはかなり深いです!

 

現実は一つではありません、ですから、相手を大切に思い特別に接するのなら、善だけが全てではないことは歴史も証明しています。

 

例えば、苦労知らずのお嬢様にカツを入れるために、様々な気づきをさせることも相手を大切に思い特別に接していることでもあります。

 

さらに、足腰の弱っている方がいたら、出来る範囲で運動をして頂くこことも、本人だけでなく家族のためにも大切なことでしょう

 

野良猫がいたら、保護するのも愛ですが、人間側に育てる器がないのなら、他の人に拾ってもらえる可能性を考えて、涙を飲みながら無理なことはしないで手放すのも相手を大切にする行為ではないでしょうか?

 

例えば最近、個人的に経験したのですが、社会勉強のために、これまでの人生でやったことがない職種のバイトに出たのですが、そこで、とにかくヒステリックに仕事を教え、言うことやることがプレッシャーとなるような仕事のやり方を教える人がいましたので、個人的な行動で、周囲の人に聞こえるように、この人のやっていることはおかしいよ、うるさいよ、普通に言えばいいのにね、あの人の言い方で恐れている人もいるよと、言いふらしてみました。

 

というか、ただ、普通に、うるせぇよとつぶやいたり、すぐに出来るかと周りの人に聞こえるように言ったり、いわゆる上司との面談のときにはは、「ここはいい人が揃っているので、言わないので私が言いますが、これこれこういう人がいます、名前は一切出しません、彼女の影響で心臓に悪いと言っている人もいますよ」とお伝えしました。

 

これ告げ口だという人がいますが、職場環境をクリーンにするには、誰かが言うしかないし、行動する人がいないと変化は起こりません。

 

その結果どうなっったか、その女性はあっという間に変化し、言い方も相手を尊重するような言い回しを使うようになり、さらに、心遣いまで見せるようになったのです!

 

私は決して意地悪でやったのではなく、環境を観て、多くの人も辟易している状態だったので、自分なりの経験や理解、これまでの実践から出来ることをやっただけです。

 

いわゆる上司は現場が見えていませんから、ある程度仕事が出来る人間が好きですし、そういう人を信頼し大切にしますが、現場の状況を理解しない上司になんとかしてもらおうと個人的には考えませんでした。

 

なぜなら、わかんないやつに言ったところで解決しないという経験を散々しただけでなく、それでいろいろと疾患を発症したので、自分と自分の人生を作るのは自分だということを肌でよくよく理解してきたからです!

 

ということで、本日シェアしたい話は、勇気を持って言いたいこと、それ違うんじゃと思うことは口に出す&行動に移すということです。

 

善だけが良いのではなく、相手に合わせて、目の前のすべての人を大切に思う言動をすること、これが大事ということは、この人生で散々学んだので、善の行為だけを肯定する話は気持ち悪いです!

 

 


愛と憎しみの足腰


おはよう

大変でなければ、クリックをお願い致します


 

木の精霊と地球のエネルギーをいれました。

 

どうぞ、元気チャージをして下さい。

 

鼻から息を吸うと、足の裏からぐんぐんと

 

あなたの体に、エネルギーが吸い上げられて

 

いきます。

 

足の裏が、むずむずしてきましたね。

 

酸素を体の細胞の隅々に届けるイメージを

 

して、口から漏らすように息を吐いて下さい。

 

さぁもう一度

 

 

毎朝、今日のエネルギーを何にしようかという

 

ところから、始まります。

 

けれど今朝は、なかなか決まらなくて、降りて

 

くるのを待っている時間が、長くかかりました。

 

いろんな日があるから、面白いなぁと思います

 

 

 

昨日は、永岡書店の遠藤さんと打合せでした

 

さんと同じ編集さんですが、このたび

 

副編集長になられたそうです、凄いです

 

先日麻央さんがお亡くなりになって、とても

 

落ち込んでいたそうで、海老藏さんのブログも

 

悲しみが伝わり、辛くなると話していました。

 

身内ではないけれど、みんなまるで自分の

 

お身内のように、心配されているのでしょうね。

 

逝く者も、残された者もどちらも辛いものですね。 

 

悲しみは、癒えることはないかも知れないけれど

 

残された者は、時間とともに、愛する人が傍に

 

いないことに、慣れていくんですね。

 

愛している事も、悲しみも変わりはないけれど

 

思い出しても涙が出なくなるんです。

 

それは薄情なわけでも、忘れたわけでもなくて

 

泣いて笑って一日いちにちと、時が経つことの、

 

時の心癒し、心戻しなんですね。

 

それは、あんなことあったな、こんなことも

 

あったな、という想い出戻しでもあります。

 

時間は愛する人を引き離すから、薄情では

 

ありますが、けれど有難くもあるのだなぁと

 

思います。

 

 

打合せのあと、遠藤さんと二人で、夕方でしたが

 

愛子の諏訪神社さんに参拝に行きました。

 

遠藤さんが、「初めてきた時は、怖かったけれど

 

今日は怖くない」と話していて、二人で

 

エネルギーの変化する場所や、空気が濃く

 

変わるポイントなどを、一緒に体感しました。

 

参拝し終わって車に戻るとき、車祓いの紙垂が

 

風もないのに、1枚だけひらひら、ひらひらと

 

大きく揺れていて、これから二人でやろうとして

 

いる事を ”がんばれーがんばれーっ” て、

 

応援されているみたいで、楽しくなりました

 

夕方ではありましたが、帰りに宇那禰神社

 

さんにも立ち寄りました。

 

室町時代からある古い神社さんで、その佇まい

 

から、少し怖くも感じます。

 

わたしは、ここの神社さんに来るのは二度目で

 

馴染みがないこともありまして、何となく近くに

 

寄りがたくて、拝殿から少し離れたところから、

 

手を合わせて、少しぼんやりしていました。 

 

そうすると神様との意識が合うというか、目が

 

合うような、ピントが合うことが多いんですね。

 

「近くへ」 と、OKが出たことで二人で手を

 

合わせ終えたら、緊張の空気感が弛む感じと

 

いうか、空気がとても柔らかくなり、まわりの

 

ご神木や、木々や不思議な精霊たちが、

 

どんどん弛み始めて、エネルギーのシャワーが

 

わたし達に沢山注ぎ始めたのが、わかりました。

 

きっとわたし達が、ほっと弛んだのでしょうね。

 

だから嬉しくて、しばらく黙って精霊のシャワーが

 

降り注ぐのを、眺めていたんです。

磁場もエネルギーなので、昇る揺らぎと

 

空からの、精霊たちのエネルギーが雨のよう

 

降り注いでいる光景が、まるで祝福されている

 

気持ちになって、嬉しくね。

 

そしたら遠藤さんもそれを見ていて、「目の錯覚

 

じゃないんですね」って、びっくりしていましたが

 

エネルギーは、ちゃんと目に見えるんです。

 

そして暫くそこに立っていたら、二人で何となく、

 

物悲しいような、懐かしいようなノスタルジーを

 

感じたのは、神社さんの古さも、あるのかも

 

しれませんね。

 

人々は移り変わっても、神社や木々は何百年も

 

ただそこにあって、たくさんの人々の鎮守の森で

 

あり、かつて手を合わせた幸せな家族の姿の、

 

映像が、わたし達二人の前をたくさん通り過ぎて

 

いくように感じてね。

 

上手く言葉で表現出来ませんが、まるで夏の

 

終わりの、物悲しさに似たものがありました。

 

いろんな事を言われる方は、沢山おりますが、

 

怖そうにみえる神社さんは、実際は怖い訳では

 

なくて、神様がいない神社もなくて、その時、

 

自分の意識と神様の意識が、ピンとが合うか

 

どうかだと思いますね

 

もちろんわたしも、いつもピントが合うわけでは

 

ないのですが、暫く何も考えずに無の意識で

 

感じようとすると、神様の意識が合うことが多くて

 

そうすると、神社の神様はこんなにもお優しいの

 

だと、いつも思います。

 

怖そうに感じる神社の神様ほど、そのお力は

 

凄く、それに気付くと神様も周りの木々達も

 

とても優しく、ただ穏やかに感じますね。

 

遠藤さんが 「普段は感じない細やかな事も

 

まさよさんといると感じられるし、視えるから

 

凄いと思います。いろんな人がいますが、

 

まさよさんは目に見えない事を、みんなに優しく

 

感じさせて、そして見させてくれる数少ない人だと

 

思います」って、言って下さいました。

 

だけどきっと、気の向けている所が違うだけで、

 

本当は誰にでも感じられるし、誰でも神様からの

 

メッセージも受取れるんです。

 

わたしたちは、それくらい神社の神様や

 

自然のエネルギーと、とても似ているのです。

 

 

 

 

今日から7月なのですね。

 

7月1日の今日は、雲が多い仙台です。

 

梅雨の時期なのでね。こんなお空も大好きです。

 

わたしの今日を、良い日に致します。

 

どうぞみなさんの今日を 良い日にされて

 

下さいませ。 

 

わたしの今日に、あなたの今日に

 

よきこと うれしごとを見つけてみます。 

 

今日もいい日。 今日をありがとう

 

 

みかんの寝顔、ぶっちゃいく

朝に、パジャマで外にでたらお向かいの

 

さんと、お兄さんに出くわし、途端に

 

挙動不審なるわたしです。

 

ぱりっとしたパジャマじゃなくて、ヨレヨレ

 

パジャマだからかなぁ。。問題はそこではなく

 

”着替えてから出ろよ!” ですね

 

はい

 

 

みかさんが先日の遠隔ヒーリングの感想を

 

下さいました。

まさよさん、こんにちは。

先日の、レイキの一斉ヒーリングでは、開始まで
あと少しという時に、私の母にもお送り頂きたい
という私からお願い☆を快くお受け下さり、誠に
ありがとうございました。
母は、数ヵ月まえに突然、筋肉の違和感から
端を発し、足腰痛から手やほぼ全身の痛みが
出るようになり動けなくなりました。
自分で食事も出来ないくらいに。ぼんやりと
しながら曼荼羅エネルギーと諏訪神社の神様
からのエネルギーを受けたようです。
一斉ヒーリングの数日前より、神聖曼荼羅
エネルギーを、まさよさんのブログと最新書籍に
沿って私が説明しやってみたところ、少し痛みが
和らいだので、その奇跡が嬉しくて、是非、受け
せてあげたいと思い、お願いをしました。
一斉ヒーリングのお陰様で、母の痛みが引いた
のを定着させるのと、同時に筋力の回復力を
あげるため、弟に頼んで天井用に大きな曼荼羅
図形を印刷してもらいました。
母は、毎日、マントラを小さな声でつぶやいています。
母本人も、奇跡的な痛みの消えかたに、奇跡が
起きたと感じ、まさよさんに、とても感謝しています。
母にかわって、深く御礼申し上げます。
 
さんから、遠隔で諏訪神社さんに
お願いしたことが叶ったそうです
 
まさよさん❗25日に諏訪神社さんにお願いした
願い事(息子の就活)が叶いました‼
のんびりな子で、出だしが遅かったこともあり
周りが決まっていく中なかなか良い返事を
いただいていませんでした。
でも、今日身に余る内定をいただきました😊
諏訪神社の神様✨ まさよさん✨
ありがとうございました。 ご報告まで

 

みなさん教えて下さって、ありがとうございます。

 

神聖曼荼羅エネルギーの効果と、諏訪神社さん

 

の効果は、凄いんだなぁと今さらながら有難く

 

思います。

 

 

 

*8月5日(土) にて

 

講師として、お話し会&ワークをさせて頂きます。

 

神聖曼荼羅エネルギーの降ろし方、使い方の

 

実践も致しますが、笑って楽しい会に致します。

 

お申込お問い合わせは、さんまで

 

お願いいたします。

 

 

永岡書店さまから、新刊です。

この世の誰もが、自由にそして簡単に

 

エネルギーを扱えますように。

 

体の不調が少しでもラクになりますように

 

 

 

ランキングに参加しております。


一日一回、上か下のどちらかの画像を

押して下さったら、有難く思います

ご面倒をお掛けしてごめんなさい、ありがとう。 

 

 

角川さんから出版させて頂いた本です。

魂のお話し、亡くなった方のお話しを書いては

おりますが、禍々しいものではありませんので

読んで下さったら嬉しいです。

 

 

永岡書店さまから、2冊目の本です。

 

魂の安堵を書いております。みなさんが

心から安心して下さったらうれしいです。

 

ナチュラルスピリット社から、最初の本です。

最初に書いた本で、この本が一番好きだと

言って下さる方が多く有難く思います。

拙い本ですが、読んで下さったら嬉しいです。

 

 

 

 



[広告] 楽天市場